終活としての遺言書・保管編

遺言書の保管

遺言書に記した内容を実現してもらうためには、遺言書の存在、所在が相続人に知れなくてはなりません。せっかく作成した遺言書が埋もれてしまっては、遺言者の意思が無になってしまいます。

遺言の方式によっては、保管方法を慎重に検討する必要があります。

自筆証書遺言の保管

遺言者本人が保管するか、遺言執行者に保管してもらうか、利害関係のない第三者に保管を任せるのが良策です。

遺言の内容を相続人らに知られたくない場合は、容易に見つかる場所では、遺言書を覗き見される可能性がありますし、不利な立場の相続人が遺言書を隠匿、改ざんする可能性もあります。
逆に見つけにくい場所に保管した場合には、遺言者が死亡した後で遺言書が発見されないことも十分ありえます。せっかく書いた遺言書が誰にも発見されないということにもなりかねません。
自筆証書遺言は原本が1通しかありませんので、遺言書が発見されなかったり、紛失・破棄等されてしまうと、遺言内容が実現できませんので注意が必要です。

やはり、信頼できる人物や機関に保管を任せるのが賢明であるといえます。

 

公正証書遺言の保管

公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されます。
相続人などの関係者には作成に関わった公証役場だけを伝えておけばよいでしょう。遺言書の存在を伝えても、公証人は関係者からの遺言内容の照会や閲覧には応じませんので安心です。