検認(けんにん)

検認とは、家庭裁判所が遺言書の形式その他の状態を調査確認し、その偽造・変造、改ざんを防ぐために遺言書を確実に保存するために行われる手続です。

遺言者の死後、開封する前に、遅滞なくこれを家庭裁判所に提出して、相続人またはその代理人の立会いのもと開封し、検認の手続きをしなければなりません。