限定承認(げんていしょうにん)

限定承認とは、負債のうちで相続財産を超過する部分の返済義務を引き継がない方法です。

つまり、相続の承認はするが、相続人固有の財産までは返済に充てず、故人のプラスの相続財産の限度で、故人の遺した債務の支払いをするという、限度枠を設けた相続形態です。