死亡保険金と税金の関係について

 

死亡保険金と相続

 
相続に関する質問の中で多いのが死亡保険金と税金との関係です。

民法上は相続財産として扱われなくても、相続税法上は相続財産として扱われるケースがあります。
故人が保険契約者で保険金の受取人でもある場合は、故人の保険金請求権を相続人が引き継いだものと考えるため死亡保険金は民法上の相続財産として扱われます。
この場合、保険金を受け取れば相続を単純承認したことになるため、具体的な相続方法が決まるまでは触らないことが賢明です。
 
以下の表は、死亡保険金の課税関係の判断基準となるものです。
 
   死亡保険金と税金との関係.png

所得税が課税されるケース

 
保険契約者(保険料負担者)と受取人が同一人の場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又は雑所得として課税されます。
死亡保険金を一時金で受領した場合は、一時所得になります。
死亡保険金を年金で受領した場合は、公的年金等以外の雑所得になります。

贈与税が課税される場合

 
保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人がすべて異なる場合には、贈与税が課税されます。
なお、保険契約上の受取人以外の人が保険金を受け取った場合は、契約上の受取人から保険金の贈与を受けたことになります。
 

相続税が課税されるケース

 
死亡した被保険者と保険料の負担者が同一人の場合は相続税が課税されます。
受取人が被保険者の相続人の場合は相続により取得したものと見做され、相続人ではない人が受取人であるときは遺贈により取得したものと見做されます。