二重相続資格者の相続分について

被相続人との関係で、二つの身分で相続人の立場に立つ場合があります。いわゆる二重相続資格者といわれるものです。
相続税や跡継ぎ対策その他の事情から、兄が弟を養子にしているケースや祖父が孫を養子にているケースでは、兄弟姉妹や祖父孫という自然血族関係と養親子という法定の血族関係とが重なります。さらに、養親の実子と養子が夫婦となっている(配偶者の一方が他方の親の養子になっている)ケースでは、配偶者としての身分関係と兄弟姉妹という法定の血族関係が重なります。
このような場合に、二つの身分を有する相続人は二重の相続資格に基づいて両方を合算した相続分を取得できるのかどうかが問題となります。

各ケースによって学説も様々ですが、先例実務では次のように扱い方が異なります。
 

1.兄姉が弟妹を養子にしているケース

二つの相続資格を有することが問題になるのは、同順位の相続資格が重なる場合とされています。したがって兄姉が弟妹を養子にしているケースでは、異なる順位の相続資格(第1順位の養子、第3順位の兄弟姉妹)が重なっているにすぎないので養子としての相続権と兄弟姉妹としての相続権が併存することはありません。その結果、実際には養子としての相続分のみ取得することになります。
 

2.祖父、祖母が孫を養子にているケース


①Bが甲よりも先に死亡している場合

祖父甲の相続に関して、Xは子(養子)としての相続資格とBの代襲相続人としての相続資格が重なり、両方の相続分を取得することになります。

<先例> 被相続人の長女の子が養子になっている場合に、長女が被相続人の死亡前に死亡しているときは、その子は養子としての相続分と亡母の代襲相続人としての相続分を有するとして両方の相続分の合算を認めています(昭和26年9月18日民事甲1881号民事局長回答)。

但し、Zが特別養子の場合には、実親Xとの親族関係が終了し、養親Aとの親族関係だけが残るため、Zは祖父の子(養子)としての相続権しか認められないことになります。

②甲がBより先に死亡している場合

Bの相続については、Bの子としての相続資格とBの兄弟姉妹としての相続資格が重なりますが、この場合は、異なる順位の相続資格の重複であるため、「Bの子」としての相続権が認められるだけで、「Bの兄弟姉妹」としての相続権は認められません。
 

3.養親の実子と養子が夫婦となっているケース

実子Xと養子Yが夫婦となっている(Xにとっての実父母、Yにとっての養父母は既に死亡、XY間に子供はいない)ケースでは、XY夫婦の一方がなくなった場合には生存配偶者は死亡配偶者との関係で配偶者としての身分と兄弟姉妹としての身分が重なりますが、この場合には配偶者としての相続権だけしか認められません。 (民事局長回答 昭和23年8月9日 民事甲2371号)

なお、相続税の総額計算においては、二重の相続資格に基づいて両方の相続分の取得が認められるケースでは両方の法定相続分を合算することになっていますが、基礎控除額の計算における法定相続人の頭数については、二重資格の相続人であっても二重にカウントされるわけではなく、あくまで相続人の実数を採用します。