全血兄弟姉妹と半血兄弟姉妹の相続分について


全血兄弟姉妹半血兄弟姉妹の相続分について民法はつぎのように規定しています。

第900条4項
子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。
 


全血兄弟姉妹とは、父親と母親が同じである兄弟姉妹のことで、半血兄弟姉妹とは父親あるいは母親の一方だけが同じである兄弟姉妹(異父・異母兄弟)のことです。

父親や母親が亡くなった場合の相続においては、全血であろうと半血であろうと共同相続人である兄弟姉妹との間に相続分の区別はありません。
しかし、被相続人に子供がおらず、直系尊属も既に亡くなってしまっている場合は、被相続人のすべての兄弟姉妹が同順位で相続することになりますが、上記の規定により全血兄弟姉妹と半血兄弟姉妹の相続割合は異なる扱いを受けます。

下図の事例で考えますと

配偶者の相続割合        4分の3
兄弟姉妹の全体の相続割合  4分の1

各相続人の相続分は実際には以下のように算定します。

父親だけを同じくする相続人Aは半血兄弟となります。
各全血兄弟姉妹の相続割合  2 /(2×全血兄弟姉妹の人数)+(半血兄弟姉妹の人数)
各半血兄弟姉妹の相続割合  1 /(2×全血兄弟姉妹の人数)+(半血兄弟姉妹の人数)

配偶者 4分の3(20分の15)
A 4分の1×5分の1 = 20分の1
B 4分の1×5分の2 = 20分の2
C 4分の1×5分の2 = 20分の2
となります。

ときおり、半血の兄弟姉妹には相続権がないと誤解されている方がいらっしゃいますが、相続分に違いはあるにせよ、相続権のある半血兄弟姉妹が参加しない遺産分割協議は無効となりますので留意する必要があります。