遺言による保険金受取人の変更

 

保険金受取人変更の遺言書文例

 
第*条 遺言者は、次の生命保険契約の生命保険の受取人を、妻☐☐☐☐(昭和**年*月*日生)から☐☐☐☐(平成**年*月*日生)に変更する。
保険会社  △△生命保険相互会社
証書番号  ○○○○○○○○
保険金額  ****万円
 
第*条 遺言者は、本遺言前条の遺言執行者として、☐☐☐☐を指定する。
☐☐☐☐は、相続開始後速やかに△△生命保険相互会社に対し、保険金受取人変更の通知をするとともに、所定の手続きをすること。
 

保険法の施行

 
平成22年4月1日、保険法の施行に伴い、遺言で保険金受取人の変更ができるようになりました。

保険法
 
第四十四条 
1.保険金受取人の変更は、遺言によってもすることができる。
2.遺言による保険金受取人の変更は、その遺言が効力を生じた後、保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ、これをもって保険者に対抗することができない。
 
 
保険会社としては、関係者からの通知がなければ遺言で受取人を変更した事実を把握できないため、当初の契約で定めた受取人から請求があればそのまま支払ってしまうことも考えられます。一旦支払われてしまうと、遺言で変更された新たな受取人が後で請求しても支払が受けられません。
 
当初の契約で定めた受取人と遺言で指定した受取人が異なると、こういったトラブルのもとにもなります。
 
本来なら遺言を用いなくても保険会社との手続きで受取人を変更できますが、受取人の変更を家族に知られたくないなどの理由によって遺言で受取人変更をする場合は、いざというときにスムーズな保険金請求ができるように要件を満たした正確な遺言書を作成することが前提となります。また、相続人が保険会社への通知に非協力的になることも想定して、遺言書中に遺言執行者を指定して確実に保険会社への通知ができるように準備しておくことが大切です。