相続放棄

相続放棄とは

相続放棄とは、相続が発生した場合に、故人の残したプラスの財産もマイナスの財産もすべて受け継がないための方法です。

故人が残した借金・負債を相続人が受け継ぐことで、場合によっては相続人の生活が破綻してしまうこともあります。こういった不幸を避けるために相続放棄という相続方法があります。また、事情があって故人の相続に関わりたくないような場合も、相続放棄をすれば相続手続きからは解放されます。

Point1  相続放棄は3ヶ月以内に

相続放棄は各相続人が単独で行えますが、自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申述をする必要があります。

この期間を考慮期間といいますが、申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされ、以降は、原則として相続放棄できなくなりますので要注意です。

◆例外的に3ヶ月の期限が過ぎても相続放棄できるケースがあります。

詳細はこちら

考慮期間の伸長 借金の存在や預金残高が判明していない場合など、期間内に相続放棄を決めかねるような特別の事情がある場合は家庭裁判所に期間を延長してもらう手続きもあります。

Point2  遺産分割協議における放棄と正式な放棄とは法的な効力がまったく異なります

遺産分割協議の中で、財産は一切相続しない旨の取り決めをしても正式に相続放棄したことにはならず、借金は法律上引き継ぐことになります。相続財産を一切引き継がなくても、遺産分割協議上の放棄は家庭裁判所に対して行う「相続放棄申述」とはまったく法的効力が違います。負債に関する部分の取り決めは、相続人の間(内輪)では通用しますが、債権者の同意がない限り対外的には通用しませんのでご注意ください。

Point3  故人の過払い利息は要チェック

故人の借金がサラ金(消費者金融)やクレジット会社からの借り入れである場合は、取引期間によっては過払い金(過払利息)が発生している可能性があります。

そのため、通常の債務整理と同じように、金融会社から故人の取引履歴(取引明細)を取り寄せて実際の債務内容を調査します。場合によっては残債務がゼロになるどころか、払い過ぎた利息を取り戻すこともできます。

過払い金(過払利息)とは 消費者金融業者やクレジト会社に払いすぎた利息のことをいいます。

利息制限法所定の制限金利を超えて任意に利息・損害金の支払を継続していた場合、その超過した部分を元本に充当すると、計算上元本が完済となったときは、その後に支払われた金額は、不当利得として返還請求できます。

長年高金利で利息を払い続けてきた方や、高金利で借入をしてすでに完済した方は金融業者に対して過払い利息の請求ができます。

債務の調査結果により過払い金(過払利息)が発生している場合は、相続財産全体を考慮にいれて相続方法を検討し、相続を承認する場合は過払い金(過払利息)の回収を行います。

Point4 故人に保証債務があるかもしれない。

そんなに財産がないので相続なんて関係ない、と思っていても借金が隠れていることがあります。

故人が他人の借金の連帯保証人になっていた場合には、住宅ローンなどと違い契約書類が手元にないケースが多く、故人から生前にそのことを聞かされていない限り、相続人には知る由がありません。故人の保証債務の存在を知らないまま相続して、のちに債務者(借金した本人)が支払に行きづまった場合、いきなり債権者から支払請求されることがあります。

相続開始後の財産調査は迅速かつ正確に行うことが重要です。

まずは相続財産の調査結果をもとに相続放棄をするか、他の相続方法を選ぶかを決定する必要があります。

3ヶ月が過ぎても相続放棄はできる?

相続放棄は原則として、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをしなければなりません。しかし、この3ヶ月(熟慮期間)が経過した後に借金の支払請求をされて初めて借金の存在を知るケースがあります。

このような場合にすべて杓子定規な解釈を当てはめれば、人生を狂わされてしまいます。

他の相談先(専門家)によっては、相続放棄は無理ですといった門前払い的な対応をされることもあります。しかし、一定の要件をクリアすれば期限の経過した後でも相続放棄が認められるケースがあります。たとえ3ヶ月(熟慮期間)が経過した場合でも、どうかあきらめずに当オフィスの無料相談をご利用ください。

お客様の相続放棄が可能かどうか、経験豊富な専門家がアドバイスさせていただきます。

詳しい相談システムはこちら

ご相談からご依頼後の流れ

  1. 相続開始から、故人の借金の存在を知るに至った経緯など聴取いたします
  2. お客様が抱えていた事情や背景を示すための関連資料の収集作業などを行います
  3. 集まった情報・資料を整理して必要な書類を整えていきます。
  4. 家庭裁判所に対して相続放棄申述を行います

相続放棄のご相談は、相続放棄の経験豊富な事務所をお選びください!

当オフィスには、豊富な経験から得た実績とノウハウがあります。

相続放棄サポートはこちら